追想

おまけです・・・・
高台の草原で、僕は一人の女性と並んで腰をおろして、ススキが風にゆれているのを黙って眺めていました。やっと合唱団の本隊が到着し、合宿が始まってすぐの事だと思います。
黄昏にはまだ少し間があった時刻です。

この旅の出来事を思い出しながら、彼女に伝えきったところで言葉が途切れ、なんだかちょっと照れくさい気持ちになりました。

(この情景は今でもよく思い出します。特別に彼女と付き合っていたわけではないのですが、何故か二人で、この草原に並んで腰をおろしているのです)


きっと最後の顛末も話したはずやなあ。

ん・・皆さんも聞きたいってか・・・・。わかりました。
じゃあ、オマケということで、このシリーズ最終回。
ほんまの最後やで。


湖に着いたはいいものの、合宿する旅館は、名前しかわからない。
とりあえず、地元の人に尋ねながらなんとかその場所につきました。

玄関で挨拶をしたものの、ご主人も女将さんも仰天しっぱなしで埒があかない。まだ合宿開始の予定日には3,4日あったはずやな。
こんなに早く来られても困るし、そんな格好でも困る。とのこと。

まあ普通の反応ですわな。


僕としては、皆が来るまで、旅館の仕事をなんでもいいからお手伝いさせて頂いて、宿泊と食事の面倒をみてもらおうという虫のいい腹づもり。

なんとか明日からはその条件で働かせてもらえることになったものの、今晩は部屋に空きがない。

もし泊まるなら、もう少し山を登ったところに別棟の宿泊設備があるから、今日のところはそちらに泊まってほしいとのこと。


僕としては、それでも願ったり叶ったり。
とりあえず目的の旅館にたどり着けたことで、一気に気力は萎えてしまっていたけれど、元気をふりしぼって山道をのぼってゆきました。

雨上がりの急な山道はシンドかったです。

やっとのことで、すこし上にあった簡易宿泊所にたどり着き、泥まみれの足を洗い、タオルを水に濡らして身体を拭き清め、とりあえずの宿泊用の毛布のようなものを身体にまきつけて僕は横たわりました。

シーンと静まりかえった山小屋にひとり。
でも少しも怖くはありませんでした。
山の夜の空気はつめたく、自分の体温だけが自分自身を温めていたのですが、それほど寒さは気にはなりませんでした。

八日間の思い出が次々とまどろみの中に現れては消え、消えては現れするうちに僕は深い眠りに落ちてゆきました。




翌朝から旅館での仕事・・・宿泊者の布団の上げ下げ、玄関の掃除、廊下の掃除、雑用をしながら本隊の到着を待ちました。
彼等が到着した時には、いっぱしの使用人面(づら)をしていた事でしょう。

本隊が到着するやいなや、僕は団の責任者に変身。
旅館のご主人女将さんも、二度ビックリなさったことでしょうね。
今度は客の代表としてお二人と向かい合うことになったわけですから。


そんな話を、すべて、そのススキの中で彼女に伝えたんでしょうね。
「フーッ・・・」と溜息が聞こえたような気がしました。

「ぼちぼち、晩御飯やで、帰ろうか」
二人はゆっくりと腰をあげ、みんなが待つ合宿所の方に降りてゆきました。


未だに、彼女に会うとその情景を思い出してしまうのです。
あの時、風にゆれていたススキの穂の白さが、今も目の奥に焼きついています。その話をすると、きっとまた笑いながら「なんで、あそこに二人でいたんだろうね」って、彼女は言うだろうなあ。

淡き青春の思い出・・・・

これにて完結。
ハチャメチャな旅日記でしたが、最後の〆は柄にもなくちょっとシミジミ系でまとめてみました。

最後までお読みいただき有難うございました。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。